MSYS2 MSYS2

bash and linux tools on windows

はじめに

インストール

パッケージの追加

各種 make に挑戦

Lua

  • Lua のソースを取得して、make mingw で作成できる。C言語の強み。

emacs emmet-mode



USBメモリへのインストール

  • 参考: msys2 と GNU ツールチェーン類 (gcc, g++, gfortran, findutils, openssh, wget, curl, gmake, gdb 等) のインストール
  • 8GB 以上の USBメモリを NTFS でフォーマット。FAT32 には、MSYS2 がインストール出来ないため。exFAT でも良いかも知れない。NTFSは遅延書き込みが有効になるので、抜くときは必ず「取り出す」を指定すること。
  • \msys64 にダウンロードしたファイルを展開。
  • 以下の内容で msys2.bat をルートに作成。
  • @echo off
    set PATH=%~dp0msys64\mingw64\bin\;%~dp0msys64\usr\local\bin\;%~dp0msys64\usr\bin\;%~dp0msys64\bin\;%PATH%
    set MSYSTEM=MINGW64
    set PKG_CONFIG_PATH=/usr/lib/pkgconfig:/usr/share/pkgconfig:/lib/pkgconfig
    .\msys64\msys2.exe
  • cmd.exe を管理者で起動。そのコンソールで、上記のバッチファイルを起動。
  • pacman -Sy pacman で pacman アップデート。コンソールを終了して、管理者モードの cmd.exe から バッチファイルを再び起動。
  • pacman -Syu でコア部分全体アップデート。質問には Enter。コンソールを終了して、管理者モードの cmd.exe から バッチファイルを再び起動。
  • pacman -Su でパッケージ更新。コンソールを終了して、管理者モードの cmd.exe から バッチファイルを再び起動。
  • 開発環境のインストールは以下。
  • pacman -Sy base-devel
    pacman -Sy msys2-devel
    pacman -Sy mingw-w64-i686-toolchain
    pacman -Sy mingw-w64-x86_64-toolchain
  • インストール終了。使うときは、ゲスト環境でバッチファイルをダブルクリックして起動。

参考サイト